事故車を売る際のデメリットとは

車は注意して運転していても避けられない事故がありますが、事故車となってしまった場合には買取査定で大幅な減額がされてしまいます。

事故車を売る際のデメリットは正常な車よりも安くなってしまう点にありますが、売却先によって状況が変わります。

買取専門店では修復歴がある車は正常な車の5割から7割り程度の査定額となってしまいます。査定がある車の場合となりますが、年式が古い場合や不人気車になると基本価値が少なくなってしまいますので、その場合には減額により査定がゼロということもあります。

修復歴のある車は買取査定や下取り査定では不利な状況となりますが、査定額が付かない場合には事故車専門の買取店を利用すれば良い結果がでます。

廃車を専門に扱っている業者ですから、修復歴があっても買い取りが可能ですし、通常の買取査定で査定が付かなくても売却金を受け取ることが可能です。
安くても廃車費用を支払って処分するよりもお得になります。

ローンの残っている事故車を売るには

事故にあって修復歴があると査定額は大幅に下がりますが、それでも価値があれば買い取りが可能です。

一般の中古車買取店の他にも事故車専門の買取店もありますが、事故車を売る際にローンが残っている場合には残債を全て精算する必要があります。

銀行融資を利用している場合には車検証の名義は本人になっていますが、クレジット会社から融資を受けた場合には所有権留保契約により車検証の名義はクレジット会社になっているのが普通です。

車検証の名義が本人以外の場合にはそのまま売ることはできませんので、この場合には残債を精算して所有権解除の手続きをする必要があります。

所有権解除は残債を完済しなければできませんので、事故車を売却する前に手続きを行っておく必要があります。

残債を完済してしまえば自由に処分することが可能ですから、買取でも廃車でも自由に行うことが可能です。

買取店では購入と売却が同時に行われる場合には手続きを代行してくれる場合がありますが、売却だけであれば一般に自分で行う必要があります。

事故車をお得売る方法を考えたことがありますか

事故車をお得に売る方法はないのだろうかと、考えたことがある人は少なくないことでしょう。
車で事故を起こしてしまった場合、まず脳裏をよぎるのは、修理費のことだと思います。決して安く済ませることはできないだろうと、直感でわかりますよね。

事故を起こした場合、骨組みであるフレームまでダメージがいっているかどうかで、修理は大きくかわってきます。
フレームにダメージがなければ、パーツを取りかえるだけで修理が完了してしまう場合が多いです。

パーツも費用を安く抑えたいのなら、中古パーツを探してもらうことで新品の3分の1程度の修理代に抑えることができます。

しかし、フレームまでダメージを負ってしまった場合、修理は大事になってきます。
変形してしまったフレームを元に戻すことは大変な作業となるからです。

一般に、中古車販売店などで、修復歴がありと表記されている事故車というのは、このフレームまでダメージを負ってしまった車を指します。
パーツ交換程度であれば、修復歴なしと表記されることも多いようです。

事故車を売るメリットはあるのか

自動車事故を起こしてしまった場合、修理するか、諦めて廃車か売るかの選択に迫られます。

まず修理するのと売るのとでは、どちらがメリットが大きいか考えてみることでしょう。
車両保険に加入している場合は、その保険を使って修理することができますから、修理するほうが良いと思います。

しかし、車両保険も年式が古くなってくると、すべての修理費用をカバーできないことが多くなってきます。

そのような場合は、車両保険での保険金を受け取りつつ、その事故車を修理しないで売却、あるいは廃車するほうがメリットがあるかもしれません。

保険金が買取価格のような感じになりますが、事故車にもいくらかの買取価格はつきますので、それを合わせると、決して悪くはないと思います。

なお車両保険を受けるには、修理の見積りと取らなければなりませんので、少し手間はかかります。

また次年度の保険料がアップしてしまいますので、その点も考慮して最終的な判断をすることになります。

事故車のパーツを売るという方法

最近の車は、事故を起こした場合、ボディがクッションのような役割をはたして、乗員を守るような構造になっています。

ボディが頑丈なほうが乗員の命が守られそうなイメージがあるかもしれませんが、実はボディが頑丈すぎると、ぶつかったときの衝撃が乗員にも及んでしまうのです。
そこでボディを柔らかく作って衝撃を吸収してしまうような構造になっているのです。

しかし、そのためにちょっとした事故でも、車が大破してしまうようなことが起こります。
命は守られたのは良いけれど、車はもう使い物にならないとすれば、これはこれで悲しいことですよね。

事故車は売りたくても、高く売ることもできません。
悲惨な状況を見て、廃車にすることを考えるかもしれません。

ただフロントがつぶれていても、リアが何ともなければ、リアのパーツをリサイクルすることはできます。

そのために事故車であっても買取店にて買い取ってもらうことができます。
最後まで諦めないで、少しでもお金になることを考えると、少しは気持ちも晴れると思いますよ。

事故車を売る、下取りするには

自動車事故を起こしたのをきっかけに、新しい自動車に買い替える人は多いと思います。

その際に問題になるのが事故車の処分方法です。一番簡単なのは、ディーラーに下取りしてもらうことです。

事故車の処分をすべて行ってくれるのでとても楽です。

ただ、事故車の下取りの場合は、査定価格がゼロを提示されるかもしれません。
ゼロならまだしも、手数料として1万円~1万5千円程度取られることが多いです。

もしそれが嫌な場合、つまりその事故車をわずかなお金であっても売ることを望んでいる場合は、車買取店に売ることを考えてみるのも手です。

買取店では修復した後、売却することも少なくありません。

修復車を安く販売することを専門にしているような中古車販売店もあります。
一般に敬遠されがちな事故を起こした車でも、決して売れないわけではないのです。

ただ、買取店でも買い取ってくれない場合は、廃車しかありませんが、廃車でも買取可能です。
決してゼロではないで注意しましょう。

事故車は売ることができるが、その見分け方は?

中古車の中には、事故車もかなりの割合で含まれています。

ただ、事故車といっても、事故の程度によって、問題なく乗ることができる車も少なくありません。
そのような場合は、とても格安で購入することができるので、お買い得感があります。

しかし、事故車はなるべく避けたいという場合は、修復歴の有無を見ることが見分け方として最も有効です。
修復歴の有無を記載するのは義務なので、悪質な業者でないかぎりは修復歴の有無が記載されています。

しかし、フレームまでダメージを与えていない場合は、事故車として扱われないことも多いです。

また、悪質な業者は事故歴を偽って売るということもありえます。そのような場合の見分け方として、価格が相場と比べて安すぎはしないかということをあげることができます。

相場よりも大幅に安い場合は、問題がある車の可能性があります。

また、試乗したとき、ハンドルから手を放すと、すぐに右か左に曲がってしまうような車も避けたほうが無難ですね。

事故車をオークションで売るとは?

自動車販売業者などで構成されている自動車オークションでは、数多くの事故車は出品されています。

事故車など出品して売れるのだろうかと思うかもしれませんが、しっかり売れるのです。

事故車は格安で落札できるので、その安く買い取った車を修復してから販売店で売るわけです。

修復歴があると、人気がないのは事実ですが、格安な価格設定は魅力があり、購入するユーザーは少なくないのです。

最近の修復技術も素晴らしいので、事故があったことがわからないほど回復させることも難しいことではないのです。

このようなわけで、事故を起こしてしまった車でも、買い取ってもらうことができます。

事故車は廃車にしなければならないと考える人が多いようですが、決してそうではないのです。

買い取り価格は無事故の車に比べれば格段に安くなってしまいますが、廃車にするよりも断然良い価格で買い取ってもらうことができます。
その際には、複数の買取店から見積もりをとり、買い取り価格を比較するのがコツです。

事故車でも売れる!売る時の注意点

一見価値の無さそうな事故車でも売れる可能性がありますが、売る時の注意点があります。
事故車は傷みが進むのが早い為、早めに売却するのが鉄則です。放置してしまうと価値が落ちていきますので、早めに買い手探しをした方が良いでしょう。
また、すぐに買い手が見付からない事もありますので、売れるまでの保管方法も大切です。特に注意する必要があるのが雨や湿気です。水分は電気系統を破壊したり、錆びの発生を促進させますので、雨などから守るように売れるまではビニールシートを被せるなどして対策を行う事が欠かせないと言えます。
業者の甘い誘いにも注意が必要です。

中には「他では買取価格が付かない」、「他社よりも高値です」などの営業トークをしてくるような業者もあります。

そして安易にそういった口車に乗ってしまうと安く売って損をしてしまう恐れがあります。

他の業者の方が高値で買取ってくれるケースもありますので、業者の言い分を信用せず、必ず比較をしてから売るようにした方が良いと言えます。

 

修復歴のある事故車を売るには

事故車を売ることができるのでしょうか。結論をいえば、売ることはできます。

ただし、かなり買取価格が安くなってしまうことは覚悟しなければなりません。事故車の定義は、事故を起こした車すべてが含まれるのではなく、車の骨格であるフレームまで歪んでしまうのような事故の場合を指しています。

したがって、修復歴ありと表示されている中古車というのは、フレームを矯正して修理してある車のことを言います。

そのために、どうしても車にゆがみが生じて、きしみ音が発生したり、まっすぐに走らなかったりという不具合が生じやすくなります。

しかし、角をぶつけた程度だったり、バンパーを取り換える程度の事故は、修理すれば、何の問題もなく走ることができます。

事故車の買取価格はどの程度の事故であるかが大きくかかわってきます。修理せずそのまま売却する場合は、大幅なマイナス査定は避けられませんが、修理した後であれば、それほど大きなマイナスにはならない可能性が高いです。

ただ、事故歴を偽って申告することがないように注意しましょう。

事故車を売るなら一括査定でチェック

事故車は廃車にするしかその後の方法がないように思われますが、実は売ることも出来ます。

動かなくなってしまった自動車は修理して再び走らせることは無理だとしても、解体して今後の自動車製造に必要な部品の供給が出来ます。また損傷した車体でも金属部分は資材として再利用出来ます。こうした需要から事故車の買い取りも積極的に行われています。

どこの中古車買取店でも事故車の買い取りを行っているわけではありませんので、まずはどこに売ることが出来るのか買取店を探してみましょう。インターネットのサイトにある一括査定のサービスを利用すれば、事故車の買い取りが出来る業者を見つけることが出来ます。さらにいくつかの買取業者から査定の見積もりをもらうことが出来るので、どこの業者に車を高く買い取ってもらうことが出来るのかも分かるようになります。

動かなくなってしまった車であれば特に引き取りの手間が省略できます。実際に買取の依頼をする際に車を引き取ってもらう際の費用の負担はありません。